海外サッカーまとめっくす

海外サッカー、日本代表の5ch、Twitter、You Tubeのまとめサイトです。
面白いみんなのコメント紹介していきます!


    守田 英正(もりた ひでまさ、1995年5月10日 - )は、大阪府高槻市出身のプロサッカー選手。プリメイラ・リーガ・スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガル所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。日本代表。 金光大阪高等学校から流通経済大学に進学。3年から頭角を現しチームの中心選
    15キロバイト (1,181 語) - 2022年7月4日 (月) 18:12
    CLで見れるってのがワクワクさせられますね!めちゃくちゃ楽しみだ!!!

    1 久太郎 ★ :2022/07/01(金) 22:06:54.31
    スポルティングCPは1日、サンタ・クララから日本代表MF守田英正を獲得したことを公式発表した。

    流通経済大から2018年に入団した川崎フロンターレで主力として活躍した守田は、2021年1月にサンタ・クララに完全移籍。今シーズンは公式戦38試合に出場するなど、リーグ戦を7位で終えたクラブでレギュラーポジションを掴んだ。

    日本代表としてもカタール・ワールドカップ出場権獲得に貢献して評価を高めた守田に関しては、獲得に興味を示してきたスポルティングに対し、サンタ・クララ首脳陣の日本代表MFの処遇についての意見が対立していることが伝えられていた。だが、6月中に事態が進展し、推定380万ユーロ(約5億4000万円)ほどの移籍金でサンタ・クララが売却を認めたと現地メディアでも報じられていたところだ。

    守田の新天地となるスポルティングは1906年に創設され、19度のプリメイラ・リーガ優勝を誇るポルトガルの名門。MFルイス・フィーゴやFWクリスティアーノ・ロナウドといったレジェンドがユース時代を過ごしてプロデビューを飾ったクラブとしても広く知られている。2020年からは元ポルトガル代表MFルベン・アモリム氏がチームを率いており、2021-22シーズンは優勝したポルトに続く2位でシーズンを終え、2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を確保している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6de967c849b7942687a4e959df88644998ebad2c

    【守田英正のスポルティング移籍きまったぁぁぁぁぁ!!】の続きを読む


    吉田 麻也(よしだ まや、1988年8月24日 - )は、長崎県長崎市出身のプロサッカー選手。ポジションはDF(CB)。無所属。日本代表キャプテン。 FIFAワールドカップ日本代表メンバー(2014年、2018年)。オリンピックには3度選出され(2008年、2012年、2020年)、計13試合に出
    79キロバイト (5,734 語) - 2022年7月4日 (月) 09:51

    (出典 number.ismcdn.jp)


    まさかの電撃移籍ですね!
    でも日本人に馴染みの深いチームだからなんか嬉しい!!!

    1 久太郎 ★ :2022/07/05(火) 01:03:38.28
    サンプドリアを契約満了で退団し、去就が注目されている日本代表DF吉田麻也の新天地が決まったようだ。

     現地時間7月4日、移籍市場に詳しいファブリツィオ・ロマーノ記者が自身のツイッターで次のようにツイートした。

    「シャルケは、日本のセンターバックの吉田麻也とフリー移籍でサインする予定だ。彼は明日ドイツに飛んでメディカルチェックを受ける予定だと言われている」

    「シャルケは日本人の時代を続けるつもりだ。吉田はトラブゾンスポルを含む多くのオファーを断った」
     
     ドイツのブンデスリーガ1部に昇格した名門シャルケは、レンタル移籍でその昇格に貢献した日本代表DF板倉滉の買取を目ざしていたが、金額が合わずに断念。その穴を、日本代表のキャプテンが補填することになりそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/88bf71f3341f4ca9442198796944c8b284386c26

    【【速報】吉田麻也、シャルケに電撃移籍!!!板倉の後を引き継ぐ!!!】の続きを読む


    ロナウド(Ronaldo)こと、ロナウド・ルイス・ナザーリオ・デ・リマ(Ronaldo Luís Nazário de Lima、ブラジルポルトガル語発音: [ʁoˈnawdu ˈlwis nɐˈzaɾju dʒi ˈɫĩmɐ]; 1976年9月22日 - )は、ブラジルの実業家、元サッカー選手。現
    58キロバイト (5,916 語) - 2022年6月17日 (金) 03:29

    (出典 www.nikkansports.com)


    そんな理由があったとは。確かに怪我の事ってあまり言ってほしくないだろうしね。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/07/03(日) 22:12:43.54
    2022.06.30

    リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko


    日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画
    「日本サッカーの過去・現在、そして未来」
    ブラジル優勝秘話(後編)
    前編を読む>>



     2002日韓W杯。一発勝負の決勝トーナメントが始まった。難しい試合が続いたが、日本がブラジルに力をくれた。特に神戸で行なわれたラウンド16のベルギー戦は、決勝よりハードな試合だった。しかし、スタンドの90%の観客はブラジルを応援してくれ、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督は「ここはホームだ」と感激していた。
     もうひとつ、この試合でブラジルに力を与えてくれたものがあった。ハーフタイム、前半を0-0のまま終えたブラジルは、どこか苛立っていた。チーム付きの私はロッカールームの前にひとりで立っていたが、突然、後ろから声をかけられた。
    「中に入れてもらってもいいかな?」
     振り返ると、そこにいたのはサッカーの王様ペレだった。彼はテレビ局のコメンテーターとして日本に来ていた。もちろん、部外者を中に入れることは禁じられている。ペレもそれは知っていたはずだ。だが、通路に私以外のFIFAの人間の姿はない。私は彼に背中を向けて言った。
    「私は何も見ていません」
     彼は3分間、ロッカールームの中にいて、その後、出てきた。帰る際、彼は私のスキンヘッドにキスをしてこう言った。
    「今日は勝つよ」
     その言葉どおり、後半、リバウドのゴラッソでブラジルは先制し、その後はロナウドもゴールを決めて2-0で勝利した。


    大会得点王となったロナウド。その髪型は日本では「大五郎カット」と呼ばれた。photo by Reuter/ AFLO大会得点王となったロナウド。その髪型は日本では「大五郎カット」と呼ばれた。photo by Reuter/ AFLO

    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



     次の試合は静岡で行なわれるため、我々は宿泊地の静岡に戻った。ブラジルへの期待が高まってきたのか、毎日、練習には2000人近くの記者やサポーターが詰めかけた。私はそれにほぼひとりで対応せねばならず、目が回るほどの忙しさだった。
     準々決勝のイングランド戦の前、リバウドは精神的に落ち着きを失っていた。それまでの全試合でゴールを決めていたにもかかわらず、ブラジルのマスコミは相変わらず彼を叩いていて、彼の不安定さは周囲の人間にも感じられるほどだった。ロッカールームを出る5分前、私の目の前で、スコラーリ監督はリバウドのお腹に手を当て、こう言った。

    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/wfootball/2022/06/30/2002_2/index.php

    次のページ
    ロナウジーニョのゴールの真相 ...
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/wfootball/2022/06/30/2002_2/index_2.php

    【 ロナウドのあの有名な髪型には理由があった…】の続きを読む

    このページのトップヘ