海外サッカーまとめっくす

海外サッカー、日本代表の5ch、Twitter、You Tubeのまとめサイトです。
面白いみんなのコメント紹介していきます!

    カテゴリ: ワールドカップ


    ヴァヒド・ハリルホジッチ(セルビア語: Vahid Halilhodžić, セルビア語キリル・アルファベット: Вахид Халилхоџић, ボスニア語発音: [ʋȃ:xid xǎlilxodʒitɕ], 1952年5月15日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の元サッカー選手。サッカー…
    54キロバイト (6,715 語) - 2022年8月23日 (火) 07:53

    (出典 number.ismcdn.jp)


    これだけ繰り返すってことはなんか問題あるんだろうね。選手の起用法なのか選手とのコミュニケーション不足なのか。もう年が年だし引退も示唆。でもワールドカップ4大会連続でワールドカップ本大会に導いているんだから実力はあるんだろうけどね。残念です。

    1 久太郎 ★ :2022/09/22(木) 18:03:22.40ID:CAP_USER9
    カタール・ワールドカップ(W杯)を前に、モロッコ代表の監督を解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ氏(69)が、監督キャリアを終える可能性があることを明かした。フランス『RMC Sport』が伝えた。

    かつては日本代表も率いていたハリルホジッチ監督。モロッコ代表を率い、カタールW杯の出場権を獲得していたが、モロッコサッカー協会(FRMF)は8月11日、本大会まで3カ月のタイミングで退任を発表した。

    FRMFは「カタールW杯に向けた最終段階の調整に関して見解の相違があったため、ハリルホジッチ氏と友好的に別れることに合意した」と発表していたが、背景は大きく異なる。

    2019年8月にモロッコ代表の指揮官に就任し、2022年のカタールW杯出場に導いたハリルホジッチ監督。しかし、数カ月前からチェルシーのMFハキム・ツィエクやバイエルンのDFヌサイル・マズラウィら一部選手との確執により、チームの主力となりうる実力者を除外するなど、メンバー選考に関して批判の声が集まっていた。

    監督としてはヴェレジュ・モスタルやボーヴェ・オワーズ、ラジャ・カサブランカ、リール、スタッド・レンヌ、パリ・サンジェルマン(PSG)、トラブゾンスポル、アル・イテハド、ディナモ・ザグレブ、ナントなどのクラブチームの他、コートジボワール代表、アルジェリア代表、日本代表、そしてモロッコ代表と4カ国の代表チームを指揮した。

    その4カ国ではいずれもW杯本大会に導く手腕を見せていたが、2018年の日本代表でも大会直前の親善試合で結果が出なかったことから解任され、西野朗監督が本大会では指揮。また、2010年のコートジボワールでもW杯前のアフリカ・ネーションズカップで結果が出ずに解任されていた。

    史上初の4カ国で4大会連続の本大会出場を決める偉業を成し遂げながら、2大会連続、通算3回目の大会直前での解任の憂き目に遭ったハリルホジッチ氏。モロッコ代表の監督を退任した際の心境を語った。

    「この決断は私にとって少し辛いものだった。むしろ、変な形でキャリを終えようとさえ思っている」

    「それが人生だ。浮き沈みは激しいが、ちょっとやりすぎだ。サッカーにありがとうと言いたい」

    選手の起用をめぐる問題などがありながらも、その手腕は高く評価され、モロッコ代表の監督を退任した後も「多くのオファーを受けた」とのこと。ただ、「どのオファーも受け入れない」と語り、実質的に監督業から引退することを決めたようだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/47f4296f7fbf680fc356467f7c74ff11a4d26161

    【【悲報】ハリルホジッチ氏、またまたワールドカップ直前で解任】の続きを読む


    FIFAワールドカップ(英: FIFA World Cup)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会である。 サッカーの大会における世界最高峰と位置付けられ、全世界の総視聴者数は35億人を超え夏季オリンピックと並んで最も多い。また、経済規模において
    80キロバイト (8,526 語) - 2022年9月9日 (金) 12:52

    (出典 prtimes.jp)


    スタジアムとか宿泊先とかインフラの関係で共催なのかな?ギリシャだけ離れてるし移動とか大変そうだね…。本当に開催になってもかなり不満出そう。

    1 久太郎 ★ :2022/09/10(土) 18:56:10.52ID:CAP_USER9
    【AFP=時事】エジプト、ギリシャ、サウジアラビアの3か国が、2030年サッカーW杯(World Cup)の共催招致に向けて協議していると、エジプト政府関係者が9日、テレビ局のインタビューで明らかにした。

     エジプト青年・スポーツ省の担当者は、同国のテレビ局DMCに対して、「この3か国は懸命に作業している」とし、「(30年W杯の)開催申請を検討している」と述べた。

     さらに担当者は、同国ではここ3年で多くの世界選手権が行われた実績があると強調し、こうしたスポーツイベントを開催するのに「エジプトは最適な国の一つになるだろう」と話した。

     ギリシャサッカー連盟(HFF)の関係筋も、同国アテネでのAFPの取材に対し、30年W杯の共催に名乗りを上げることについて、3か国で話し合いを続けていると認めた。

     この3か国は、30年大会の招致をめぐって少なくとも二つの共催候補と競り合うことになる。

     昨年にはスペインとポルトガルが立候補しており、今年8月にはウルグアイ、アルゼンチン、チリ、パラグアイの南米4か国が共同で名乗りを上げた。

     国際サッカー連盟(FIFA)は、30年W杯の開催地を24年に選出する予定となっている。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1c885166ed574d12843400e69af2d9330791c76b

    【【3国共催ってホント!?】エジプト・ギリシャ・サウジ、30年W杯共催招致か!?】の続きを読む

    このページのトップヘ