海外サッカーまとめっくす

海外サッカー、日本代表の5ch、Twitter、You Tubeのまとめサイトです。
面白いみんなのコメント紹介していきます!

    カテゴリ:海外サッカー > イングランド プレミアリーグ


    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・ASモナコ所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。日本代表。 リヴァプールFC史上初のアジア人選手。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。2…
    68キロバイト (7,057 語) - 2022年9月29日 (木) 15:10
    まぁいつもの事といえばそうなんだけど、存在感見出せませんね。根本的に実力不足なんじゃあ…。ワールドカップの10番はどうなる事やら。

    1 ゴアマガラ ★ :2022/10/03(月) 23:43:04.01ID:CAP_USER9
    フランス1部モナコの日本代表MF南野拓実(27)が2日のナント戦で途中出場したが、またもや精彩を欠いて批判を浴びてしまった。

    今季不振の南野は9月18日のスタッド・ランス戦でようやく新天地初ゴールを決めたが、森保ジャパンでの2連戦は低調に終わり、クラブに戻って再び復活を期した。

    だが、リーグ再開初戦となった2日のナント戦ではスタメン落ちしてベンチスタート。4―0と試合が決まった後半21分にようやく出番がまわってきた。
    ところが、ピッチ上では目立ったプレーは見せられず不発。チームもメンバーを交代してから押し返される場面が目立ち、良くない印象で試合を終える形となった。

    結局、チームは4―1で快勝。現地メディアはプレー時間が短かったこともあり、南野はそろって〝採点なし〟の評価となったが、
    データ分析専門サイト「ソファースコア」では出場したモナコの選手の中で最低タイ評価となる「6・5点」と厳しい評価が下された。

    データでは24分間のプレーでボールロストが5回を数えており、以前からの課題が改めて浮き彫りになった。

    11月1日に予定されるカタールW杯のメンバー発表まで1か月を切り、日本の10番は復活をアピールすることができるか。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/240824

    (出典 tokyo-sports.ismcdn.jp)

    【【悲報】南野拓実 またスタメン落ちで後半出場も存在感無し…】の続きを読む


    かなりキレッキレのドリブルでしたね!リバプールのアーノルド涙目でしょこれはwww

    1 久太郎 ★ :2022/10/02(日) 00:56:14.65ID:CAP_USER9
    [10.1 プレミアリーグ第9節 リバプール 3-3 ブライトン]

     プレミアリーグは1日に第9節を行った。リバプールとMF三笘薫が所属するブライトンの対戦は、3-3のドロー。ブライトンに2点先取されるも、FWロベルト・フィルミーノの2得点とオウンゴールで逆転。しかし後半20分から出場した三笘が終盤にアシストし、FWレアンドロ・トロサールが同点ゴールを挙げた。

     調子が上がり切らないリバプールは現在8位。一方、勝ち点を積むブライトンは4位に位置している。だが、グレアム・ポッター監督がチェルシーに引き抜かれ、新指揮官にロベルト・デ・ゼルビ監督が就任。インターナショナルマッチウィーク明けの新体制初陣は、アンフィールドでのリバプール戦となった。

     ブライトンは三笘がベンチスタート。しかしポジションを争うトロサールが躍動する。前半4分、敵陣付近でFWダニー・ウェルベックのヒールパスを受け、トロサールがPA内に入り込む。左足シュートをゴール右に決め切り、先制ゴールを奪った。

     さらにブライトンは前半17分に追加点。ウェルベックが左サイドから折り返し、MFソリー・マーチがゴール方向にパスを出す。反応したトロサールがPA左から再び左足シュート。GKアリソン・ベッカーのセーブを弾き飛ばし、チーム2点目を挙げた。

     アンフィールドで0-2の点差を広げられたリバプールは猛反撃に出る。すると、前半33分に1点を返す。中盤からの浮き球パスに反応したFWモハメド・サラーがPA内で右横にパスを出す。走り込んだFWロベルト・フィルミーノがゴールに流し込んだ。ゴール直前のサラーの位置がオフサイドとみなされたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のチェックで得点が認められている。

     1点差に縮めたリバプールは一気に攻勢を強める。だが決定力に欠き、前半は1-2のまま折り返した。ハーフタイムには攻撃陣を入れ替え。MFファビオ・カルバーリョを下げ、FWルイス・ディアスが入った。

     すると、リバプールは交代策が奏功する。後半9分、自陣からカウンターが始まり、L・ディアスがドリブルで敵陣までダッシュ。PA中央に折り返すと、フィルミーノがキックフェイントで相手守備陣を抜き去る。左足シュートを決め切り、2-2と試合を振り出しに戻した。

     リバプールは後半18分に逆転。DFトレント・アレクサンダー・アーノルドの右CKは、飛び出したGKロベルト・サンチェスをすり抜け、DFアダム・ウェ*ターに直撃。そのままゴールラインを割り、3-2と試合をひっくり返した。

     3連続失点で劣勢となったブライトンは後半20分に最初の交代カード。MFパスカル・グロスを下げ、三笘が投入された。すると左サイドの日本代表MFにボールが集まる。果敢に攻め立てる三笘は交代直後から二度決定機を演出した。

     そして、三笘が結果を残す。後半38分、左サイドで縦パスに反応した三笘が深い位置からクロス。ファーサイドに流れたところをトロサールが押し込んだ。ハットトリックを記録し、再び3-3と追いついてみせた。

     試合はそのまま終了。三笘のアシストで同点に追いつき、ブライトンは3-3のドロー。アンフィールドから勝ち点1を持ち帰った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c455c64ddcdc5c016fedbb82257ffbf03b0a01b2

    【三笘薫がキレッキレのトリプルでリバプールのDF抜き去りアシスト決める!】の続きを読む


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランド・ロンドンを本拠地とし、プレミアリーグに加盟するプロサッカークラブ。ガナーズ(Gunners)の愛称で知られる。1886年に軍需工場の…
    78キロバイト (7,256 語) - 2022年9月2日 (金) 01:20
    後半44分ってなんだよー。ほとんど意味ないしな。無理やり日本代表から呼び戻した割にその仕打ちってホントなんなんだろ?

    1 ゴアマガラ ★ :2022/10/01(土) 23:01:22.08ID:CAP_USER9
    ◇イングランド・プレミアリーグ アーセナル3―1トットナム(2022年10月1日 英国・ロンドン)

     首位アーセナルは3位トットナムとの北ロンドン・ダービーを3―1で制し、7勝1敗で勝ち点を21に伸ばした。

     前半20分にMFパーティが先制点。同31分に相手FWケーンのPK弾で追いつかれたが、後半4分にFWガブリエルジェズスが勝ち越し弾を挙げた。同17分には相手MFエメルソンが退場処分を受け、同22分にMFジャカがダメ押し弾を決めた。

     直前に行われた代表戦ウイークで「クラブ事情」を理由に1試合で切り上げて日本代表を離れていたDF冨安健洋は後半44分から右サイドバックで出場。
    見せ場はなかったものの、チームはそのまま逃げ切って宿敵を相手に貴重な勝利を挙げた。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/10/01/kiji/20221001s00002021657000c.html
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/10/01/jpeg/20221001s00002021655000p_view.webp

    【アーセナル冨安はもう完全に控えになってしまったのか!?】の続きを読む


    『悲報』冨安チーム事情により遠征から抜ける


    冨安 健洋(とみやす たけひろ、1998年(平成10年)11月5日 - )は、福岡県福岡市出身のサッカー選手。プレミアリーグ・アーセナル所属。日本代表。ポジションはディフェンダー。 元々は水泳をやっていた2人の姉の影響で自身も水泳を始める予定であったが、祖母の家のランニングマシーンで遊んでいる時に転…
    38キロバイト (3,612 語) - 2022年9月23日 (金) 23:56


    チーム事情となってますが、恐らくアーセナルは10月1日に行われるトッテナムとの“ノースロンドン・ダービー”を控えているせいかなと思われます。現状控えとはいえチームから大事にされているということでしょうね。

    【『悲報』冨安チーム事情により遠征から抜ける】の続きを読む


    『ソン・フンミン』ついに覚醒!精度高すぎるシュートでハットトリック!!


    孫 興慜(ソンフンミン、손흥민、1992年7月8日 - )は、韓国のサッカー選手。プレミアリーグ・トッテナム・ホットスパーFC所属。韓国代表。ポジションはフォワード。2021年にはアジア人初のプレミアリーグ・PFA年間ベストイレブンに選出された。アジア人史上初のプレミアリーグ得点王(2022年)…
    53キロバイト (5,504 語) - 2022年8月13日 (土) 00:43


    1,2点目が半端ないって!よく両足であんなコーナーに精度高すぎるシュート打てるなぁ。これやられたらキーパー絶対取れない>< しかも途中出場にも関わらず・・・。凄すぎる!

    【『ソン・フンミン』ついに覚醒!精度高すぎるシュートでハットトリック!!】の続きを読む

    このページのトップヘ