海外サッカーまとめっくす

海外サッカー、日本代表の5ch、Twitter、You Tubeのまとめサイトです。
面白いみんなのコメント紹介していきます!

    タグ:#南野拓実


    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のサッカー選手。リーグ・アン・ASモナコ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 リヴァプールFC史上初のアジア人選手。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。200…
    67キロバイト (6,910 語) - 2022年9月19日 (月) 10:11
    正直最初カウンターでパスもらったとき、うまく捌けなくてボール取られたときはおいって思ったけどw
    このゴールは嬉しい。何よりチームメイトにめちゃくちゃ祝福されてたのとファンが喜んでくれてたのが何より良かった!

    1 ゴアマガラ ★ :2022/09/18(日) 22:13:02.76ID:CAP_USER9
    現地時間17日、リーグ・アン第8節が各地で開催され、スタッド・ランスとモナコが対戦した。

    新天地のスタッド・ランスで早くも攻撃の軸を担っている伊東純也。同じく今季からフランスの地に移った南野拓実はモナコで苦しんでいる。明暗分かれるリーグ・アンの日本人選手2人が所属するチーム同士が相見えた。

    伊藤は先発を飾り、南野はベンチから出場機会を伺う。

    試合は22分、スタッド・ランスにアクシデント。ロッコの振り抜いた足裏が相手に当たったとして1発退場の判定を受けてしまう。

    数的優位となったモナコは後半開始直後の47分、ディサシの右からのクロスをゴロヴィンが頭で合わせる。アウェイのモナコが先制に成功する。

    スタッド・ランスは61分、コーナーキックのこぼれ球をバロガンが押し込みネットを揺らすも、オフサイドの判定でゴールは無効に。

    追加点の欲しいモナコは65分、ゴロヴィンに代わって南野が投入される。

    87分、遂に南野にゴールが生まれる。カウンターから南野が右サイドでフリーに。スルーパスを受けた南野はドリブルでエリア内に侵入。落ち着いてゴールに流し込んで待望の初ゴールが生まれた。

    モナコは終盤にも追加点が生まれ、試合は終了。モナコがリーグ戦3連勝を飾った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/814074c52db1cf828ef85dd35b9718c2c7486f35

    【【待たせたな】南野拓実、リーグ・アンで初ゴール&アシスト!!!】の続きを読む


    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のサッカー選手。リーグ・アン・ASモナコ所属。。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。2007年、複数のJアカデミーからのオファー
    66キロバイト (6,821 語) - 2022年9月12日 (月) 21:54
    かなり期待されて移籍したにも関わらず、出た試合は負け、出ない試合は勝つとなるとこの評価も仕方ないのかなと。なんか見てて体重すぎだし。この評価を覆すくらいのゴールが欲しいね・・・><

    1 数の子 ★ :2022/09/14(水) 20:20:24.29ID:CAP_USER9
    モナコの南野拓実はリーグ・アンの今夏の新戦力の中で最悪の評価を与えられた。

    今夏の移籍市場で2シーズン半を過ごしたリヴァプールから1800万ユーロとされる移籍金でモナコに加入した南野。プレシーズンでは好パフォーマンスを披露し、シーズン開幕以降の活躍が期待されていた。

    しかし、南野はここまでインパクトを残すことができていない。5試合の先発出場を含む公式戦6試合でピッチに立つものの、トロワ戦で記録した1アシストをマークしたのみで、リーグ戦では直近の2試合で出番を得られていない。

    ピッチに立てば批判の声が上がり、さらにベンチを温める頻度も増えつつある南野に対して、フランス『Le Quotidien du Sport』は厳しい評価を下した。

    同メディアはシーズン開幕から1カ月程度が経過した中、今夏の新戦力の成功と失敗のそれぞれトップ5を選出。この中で南野は失敗のランキング1位に選ばれ、ここまでの出来を酷評された。

    「リヴァプールから1800万ユーロでやって来た日本人は、モナコの試合を活性化し、攻撃陣にムーブメントをもたらすはずだった。ここまでの10試合のうち、彼は6試合でプレーしたが、67分以上ピッチで過ごすことができていない」

    「交代させられたり、途中投入されるミナミノはフィジカル面でかなり脆そうで、デュエルの激しさに苦労する。私たちにはなぜ彼がプレミアリーグで活躍できなかったかを理解することができる。彼が出場した試合は2分け3敗で1勝しかできていない」

    なお、南野とともに、リールのモハメド・バヨ、ナントのムサ・シソコ、ニースのアーロン・ラムジー、パリ・サンジェルマン(PSG)のウーゴ・エキティケが失敗トップ5にランク付けされた。

    一方で、成功のトップ5にはPSGのヴィティーニャ、マルセイユのアレクシス・サンチェス、ランスのロイス・オペンダ、マルセイユのヌーノ・タヴァレス、リヨンのジョアン・ルペナンが選ばれている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/27324fa09319ea92d9738eb9193b5c677208f8c7

    【【悲報】モナコ南野 リーグアンで新戦力で最悪の評価をもらう><】の続きを読む

    このページのトップヘ